木曜日, 3月 15, 2007

前世の記憶

前世がわかるという方とお話をすることができた。
私の備忘録として書いておこうと思う。

不思議に思う方もいるかもしれないが、私は前世、魂の生まれ変わりを信じている。



私は生まれ変わりが少なくて100回ぐらい。
多い人はもっと多くて500回だったり・・・
比べようがないので、聞いたことをメモる。

男の人としての人生が多かった。

私の始まりはなんと、地球外から来ているらしい。
魂の遍歴の始まりが地球の外だという。

なんだか、エドガーケイシーのアカシックレコードみたい。
でも大いなる大宇宙のなかのひとつというような気がしてうれしい。

金星なのかしら・・・?

そういえばちょっと違うけど、ジョン・グレイの本、Men are form Mars, Women are from Venus にもあったな。もともと男と女は違う星から来たんだから、わかりあうのって大変!っていう本。



古代日本、弥生時代よりも前に通訳のような、人と人を繋げるような仕事をしていた。

エジプトでは哲学者というか思想家のような立場で、銅版の解読等していた。というのは他の人とは違う思考回路を持っていたために、いろいろな解釈をしたり、思想グループを作っていた。

イタリア、ギリシアにもいたことがあるが、大体日本と地中海沿岸地域の国にいたそう。

以前別の人からもかつてはユダヤ人だったことがあると言われたことがある。


こういうことを聞くと、今ある自分というのは前世からの記憶というのか潜在意識というものをもっていて少なからず現在の思考に影響しているのだということを感じる。

私は、歴史、自然、哲学・宗教に興味があり、以前からユダヤ人の歴史に興味を持っていた。
そして日本の神社、山岳、自然が好きで最近はよく出かける。
そのただ中にいるとなぜか落ち着く。一人でも怖くない。

そしてとても太陽の光が大好き。
光の当たる景色。きらきら光る水辺であったり、太陽をいぱい浴びた野菜。
それらを見てると幸せになってくる。旅行はだんぜん、イタリア、フランスが大好きである。

もちろんイタリアンと和食が好き!

今は新しい人と出会うことが好き。
素敵な出会いと楽しい経験があるとそれを他の人に繋げていく。
それを広げていくととても幸せな輪ができていく。


今の自分を形作っているものが、連綿と受け継がれてきたものかと思うと愛おしくもなるし、大事にして今生で何をするのかということに責任を感じてくる。

3 件のコメント:

yuko さんのコメント...

先日は楽しいお話をいろいろとありがとう。いつも地中海の話で盛り上がる私たちですが、ひょっとして前世で友達だったかな・・・?なんて夢が広がりました。また遊びに来てね♪美味しいペティヤン・スパークリング冷やしておきますよ。

maki さんのコメント...

どーもどーも。
あの日は遅くまでしゃべりまくったという感じだったけど、ほんとに楽しかったね。

yukoさんとはきっと地中海沿岸地域でお友達だったんでしょう。でないとこんなに盛り上がらない??

あの日はyukoさんの新居にお邪魔してお部屋のきれいさに触発されました。物のないすっきり感とヨーロピアンな照明が。

私もあまり明るいのは苦手でお部屋は暗めというかぼんやりして感じが好きなので、とても落ち着きました。ヨーロッパだとかなり暗めのお部屋でゆったりくつろぐイメージ。

でも日本の家屋だって昔は薄暗い中で美を見つめるみたいなのがいいって谷崎潤一郎が書いてたっけ。

先日、光害というのがあるって聞きました。
夜が暗くならないので、植物が枯れていくと。植物がなくなるともちろん酸素がなくなって人間は生きていけない。

夜は夜らしくライトダウンしたほうがよさそうです。

匿名 さんのコメント...

以前、A間さんとご一緒させていただいたSです。
前世ですか。自分には記憶はないですがあってもまったくおかしくないと思います。
子供がしゃべれるようになったら聞いてみようと昔から思っていたのが、母親のおなかにいたときの記憶。
実際聞いてみると、狭かったとか、においがしたとか、プールで遊んでいたとか、どうやらお腹にいた時と昨日の区別がつかないみたい・・・。結論は先延ばしです・・。