日曜日, 12月 16, 2007

プレクリスマスin蓼科




週末に両親のいる蓼科に行った。

金曜の夜は、両親の通う富士見教会が毎年主宰しているクリスマスコンサートを聞きに小淵沢にあるフィリア美術館に行った。

少し時間があったので、近くのリゾナーレ小淵沢というリゾートホテルに行くとそこはおとぎの国のようなクリスマスのイルミネーションで飾られていた。


東京では見慣れているライトアップだが、こちらもかなりがんばっている。
たくさんのランタンを地面におき、塔には網目状のライトをつけているらしく塔全部が光り美しかった。






クリスマスコンサートは今仲幸雄さんのバリトンによる賛美歌とパイプオルガンが素晴らしかった。今仲さんはドイツのバッハコンクール(1980年)で日本人として初めて優勝された方で、はりのある美しい声の方だった。


実は父がくれたCDで何度か聞いていたのだが、今回初めてライブで聴くことが出来たわけである。



今仲さんのCDの中に「感謝せん」という賛美歌があるが、私も大好きな曲のひとつだがいつも最後に歌ってくださるそうだ。そしてこの日も歌ってくださり生で聞くことができとても感動した。




翌日の夜は、一足早くクリスマスディナーということで家の近くにある忘我亭という創作フレンチのレストランにお邪魔した。


レストランといっても一軒家で一日4組しかとらないようなお店。そこはレストランだけではなく、ギャラリーにもなっているので素敵な器やアートが飾られていてとても居心地がいい。


また一日一組は泊まることができるゲストルームもあり、アートが飾られた素敵な部屋で眠ることができる。


お食事もアーティストが作った作品で出してくれる。



オーナーシェフが作る創作フレンチは、とてもヘルシーで素敵な取り合わせで考えられた野菜中心のおいしいお皿が出てくる。というのは、こちらのお店は基本的にすべてシェフのお任せだから。


フレンチだけではなく、少しエスニックな感じのものがあったり、昔の日本でも食べてたのではないかというヤギの乳でできた醍醐というクリームを使ってみたりと、とても想像力にあふれている。


そしてリゾートでは大変珍しいそうだが、彼がこだわり是非にと購入しているティエリーピュズラのオーガニックワインをいただくことがでた。


実はこの名前は友人のビオワインのインポーター、ヴァンクールでも扱っているワインだったので聞いたことがあったのだが、こちらのワインはティエリーピュズラとそのお兄さん二人でやっているドメーヌのヴァンドナチュール、自然派ワインということだ。もちろんビオで天然酵母を使い、最低限の防腐剤以外は入れないということなので、まったく悪酔いするはずもなく、すーと身体に入っていく。

ガメイとピノの赤ワインは、葡萄が自らもつ力でゆっくりと発酵させており、やさしい味だった。特に時間が経つつれどんどん味がまろやかに変わっていく。



素晴らしいお料理とワイン、そしてオーナー夫婦との楽しい会話を楽しむとあっという間に時間が経つ。時間はすでに11時近くになっていたが、外に出るとうっすらと雪が積もっていた。とてもおいしくて楽しい充実したプレクリスマスディナーになった。






翌朝は一面の銀世界。今年初めての本格的な雪

になったそう。雪の森は、静かで美しく朝日が当たるときらきらする。






おまけ


のスノーマン!

5 件のコメント:

JOE JOE HUANG さんのコメント...

Hi,

Although I don't understand 日文, but your photos are beautiful.

光と風と海と空と緑 さんのコメント...

はじめてコメントいたします。
すてきなブログですね。
趣味の茶道、着物、温泉、散歩、料理、登山などが同じなのでこれからも時々読ませてもらいたいです。
Raura

匿名 さんのコメント...

コメントできるかテストです。

maki さんのコメント...

test

maki さんのコメント...

joe joe san,

Thank you for your comment.
I want you to enjoy my photos next time, too.

光と風と海と空と緑さん

趣味が同じなんて嬉しいです。
海外にいると日本の良さがよくわかったりしますよね。