日曜日, 6月 17, 2007

レンズ豆のスープ

今日は梅雨の晴れ間のからっとした良いお天気。

チケットの期限も迫っていたヨガのレッスンに昼過ぎに向う。
ヨガの教室は青山にあるので、その後なんとなく明治神宮に行きたくなった。
明治神宮は日本人より観光客が多かった。



いつもの通りお参りをしてから大御心をひく。


「大空にそびえて見ゆるたかねにも登ればのぼる道はありけり」

どんなに高い目標であっても止まない勇気と努力によって、見事に達成することができるという意味。

確かに。



直会(なおらい)も兼ねて、神宮内の休憩所でビールを飲んだ。
ヨガの後だからか、お参りの後だからか、超おいしい。


その後親友の家にお邪魔する。

彼女は今妊娠8ヶ月で家でゆっくりしているのでお茶のつもりで訪問したけど、結局夜半まで楽しく過ごした。

というのは彼女はオーガニックワインのインポーターをしていてお家においしいワインを備えてあるから。


またお家は都心のど真ん中にありながら目の前に緑が見えるベランダがあり、こんな夏な感じの夕べには最適な場所。とっても居心地がいい。


そこでゆっくりとワインを飲みながらおしゃべりをしていると、彼女のだんなさんが帰ってきた。

今日はテニスに行っていたらしい。


彼はお母さんがフランス人、お父さんが日本人のハーフでとても素敵な人。

なんでも、今朝目覚めたときに

「今日はレンズ豆のスープを食べる~!」

とイメージしたらしい。

さすがフランス人。なんでもレンズ豆のスープは居酒屋メニューのようなもので、おふくろの味でもあるらしい。


そしておいしいスープを作ってくれた。

にんにくとハーブの香りのするとてもおいしいスープだった。


そのおいしいスープを食べていると。南仏の夏の夕べのような気がしてとても嬉しかった。

2 件のコメント:

yuko さんのコメント...

昨日は思いがけず訪問してくださり、とても楽しい夜になりました。どうもありがとう♪
週末は、美味しいワインと運がよければ(?)南仏の男料理でお迎えいたしますのでまた気軽にいらしてくださいね。にしてもレンズ豆のスープは、フォトジェニックではないですね・・・。

maki さんのコメント...

どーもどーも。
いつもながら長居をしてしまいました。
yukoさんちのラテンな時間の流れが好きなのです。

”南仏の男料理”

響きがいいね~


スープはお皿に盛ったのを写したらよかったな。

ほんとにおいしそうだったよね。